理不尽な逮捕 Part.1

28日午前2時20分ごろ、愛知県清須市名古屋第二環状自動車道内回りで、自転車の名古屋市千種区の団体職員男性(27)が、後ろから来た大型トラックにはねられた。

男性は骨盤骨折などの重傷。県警高速隊は、男性が自転車で進入した経緯などを調べている。

同隊は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、トラックを運転していた奈良県天理市永原町の会社員奥xx光容疑者(43)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。

現場は清洲インターチェンジ(IC)から西へ1・1キロ地点。高架の片側2車線で、自転車は左側の走行車線を走っていた。

中日新聞より引用

 

ポイント

・公共バスの運転手であれば、逮捕されない。もしくは逮捕されて名前を晒されない

・死刑賛成派が、このトラック運転手を「ただの殺人じゃん」といって騒ぐ

・トラック運転手は仕事をクビ。もう二度とトラックに乗れない

・養っていたかもしれない子どもは大学進学を諦めて、高卒で安月給の工場で働く

・「人殺し」という目でご近所からみられる

・夫婦は離婚、一家はバラバラとなる

死刑はエンターテイメントじゃない

「極刑で」

「苦しみながら死んで欲しい」

「人体実験で役に立ってから死んで」

 

Yahoo!ニュースの記事に書き込めるコメント内容である。

日本人のエゴと恐ろしさが現れているコメント。

日本人は人を許すことができない人種。

 

本当に恐ろしいんです、日本人が。

逮捕された容疑者に対してこのような残酷なことが言えてしまう日本人が。

死刑でいいやん=私は考えることを放棄しました

って自分で言っているようなもの。

 

死刑制度は絶対に反対。

それを認めようとしない賛成派。

自分が正しいと思っているから。

不倫・浮気・修羅場

全く共感できないのが、不倫や浮気の復讐まとめ。

 

まず、男とか女とか関係なく、

浮気や不倫をされて怒り狂うのが理解できない。

そして復讐する気持ち、それをまとめで読んで

スカッとしたという日本人の気持ち。

 

全く理解できない。

復讐なんて考えてる時点でもう陰湿な日本人の性質が現れてる。

 

自分が「村人A」だと気づいたとき、どうするか

演劇の台本などに書かれる「村人A」。

ごくわずかな登場シーン、セリフだけが用意され、

登場人物として名前すらありません。

 

そのような役柄を演じる人は必ずいます。

そして、人生に置いて自分がその「村人A」だと気づいたとき、

何をどうすればいいのでしょうか。

 

主役を演じる人は、何か輝くものがあるからだと思います。

世界を動かす人、一流タレント・スポーツマンとかそういうのではなく、

自然と人が寄ってくる、注目されているような人です。

それはその人が魅力的な何かを持っており、

それは見た目だとかそういう問題ではないんだと思います。

 

社会人になって、「仕事のできる村人A」はどうなるのでしょう。

仕事はある程度できるから、重宝されます。

しかしそれは、あくまで人間的魅力ではなく、

ただの便利な人という認識でしかないでしょうね。

 

困ったことがあれば、あの人に頼めば良いか。

面倒だな、誰かやってくれないかな。

 

その矛先が「村人A」なんですよね。

利用されることと頼りにされることは違いますから。

 

デメリットばかりの「村人A」ですが、

「村人A」は主人公に好かれやすい傾向があります。

 

主人公の友人やライバル、ヒロインや同じく他のモブキャラ。

これらには「村人A」は見向きもされません。

でもたまに、「主人公」には好意を持たれることがあります。

それはきっと主人公にはない、「村人A」の魅力があるからです。

 

「村人A」は決して目立たず地味に生きる。

そして死ぬときは周りに迷惑をかけて盛大に死ぬ。

 

そういう生き方を心がけたいですね。